カーリングについて

「カーリング精神」

カーリングは技術と伝統のゲームです。技を尽くして決められるショットは見る喜びです。また、ゲームの神髄に通じるカーリングの古くからの伝統を見守るのはすばらしいことです。カーラーは勝つためにプレーしますが、決して相手を見くだしたりしません。真のカーラーは、不当に勝つのであればむしろ負ける方を選びます。立派なカーラーは、相手の気を散らしたり、相手がベストを尽くそうとするのを決して妨げたりしません。カーラーは、ゲームの規則やその伝統を決して故意に破りません。しかし、不注意にも規則や伝統を汚し、それに気づいたときは、違反を真っ先に申し出ます。

カーリングゲームの主な目的が、競技者の技術の粋を競うことである一方、ゲームの精神は立派なスポーツマンシップ、思いやりの気持ちと尊敬すべき行為を求めています。この精神は、アイスに乗っているいないに関わらず、競技規則の解釈や適用に生かされるべきであるだけでなく、全ての参加者の振る舞いにも生かされるべきものです。

World Curling Federation Rules of Play and Competitionより

 

 

ようこそカーリングの世界へ!
カーリングは総合力の必要な奥の深いスポーツです。 

 

技 術:ビリヤードのように繊細なデリバリーやスウィーピング

知 力:「氷上のチェス」と呼ばれるように一投一投先を読みながら

体 力:一試合10エンド、2時間30分の体力勝負

精神力:一発逆転もあり、プレッシャーがかかるメンタルなスポーツ

チームワーク:4人のチームワーク、信頼と各自の役割分担が大切

  

以下の3つの資料は我々の姉妹協会であるカシオペアカーリング協会の澤田敦さんのご好意により掲載しています。

資料1(PDFファイル)
資料2(PDFファイル)
資料3(PDFファイル)

コメントは受け付けていません。