寄付の受付

「盛岡カーリング協会」の設立当時は道具もなく、多くの皆様のご協力とご支援に支えられ、今日に至りました。下記に掲載している文章は、カーリングストーンの購入に際し、市民の皆さんから寄付を募った際のものです。お陰様でこの際に頂戴した浄財から、新品カーリングストーン1セット、中古カーリングストーン2セットを購入させていただきました。皆様からいただいたご恩を忘れてはならないとの思いから、今後も下記文章は掲載して参ります。

 

2006年2月に開催された冬の祭典「トリノ五輪」における女子日本代表チームの活躍は、広く国民に感銘を与え、また、その事実はまだ皆様の記憶に新しいものと思います。

ここみちのく盛岡の地においても例外ではなく、昨シーズンの私たちの活動に対しまして、皆様の深いご理解とご協力に支えられて、主催教室に関しては定員をはるかに上回り、キャンセル待ちという状態となりました。
これを受け、現在、活動拡大を求められているところであります。
しかしながら今日は、各地の氷上競技施設が閉鎖に追い込まれている、という状況に代表されます様に、「ウインタースポーツ冬の時代」といっても過言ではない状態にあります。カーリング競技は、個々人の負担は少ないのですが、施設側の整備に多少なりとも負担を要する競技であります。
岩手・盛岡に暮らす人たちに、広くこの競技に親しんでいただくため、寄付金を募り、カーリングストーン等の用具を整備したいと考え、現在、当協会の活動に対して寄付金を募っております。

これまでのところ多くの方々にご協力をいただいております。ありがとうございます。今後ともご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

寄付は随時受け付けております。
寄付趣意書(PDFファイル)

その他ご不明の点がございましたら事務局までお願いいたします。

コメントは受け付けていません。